読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都町アプリ小路上ル

京都在住のカフェ好きゲームクリエイターが書く、アプリ開発、ゲーム作り、あと京都カフェ情報

オンライン対戦が熱い! お手軽格闘ゲームがパワーアップして帰ってきた!

格闘ゲーム「木拳」 〜暇つぶしにオンライン対戦!無料アプリ〜

格闘ゲーム「木拳」iOS
格闘ゲーム「木拳」Android

脱出ゲームもどき

ゲーム作成ツール「Cocos Creator」の練習。

 

30秒もかからない脱出ゲーム?を作りました。

 

画面ポチポチだけで遊べます。

大きい画面の脱出ゲーム?はこちら

 

ツールの使い方になかなか慣れませぬ・・・

 

あと、ツールが開発途上なのでできない機能があったり、だいぶクセがあります。

 

もう少し何か作ってみるかー

 

Cocos Creatorのサンプルゲーム作った

Cocos Creatorというゲーム作成ツールでゲーム作ろうと思いましたが、我流でさわってもさっぱりわからなかったので、公式のチュートリアルがあるみたいなのでやってみました。

 

こんなゲームができました。

(パソコンの人は左右キー、スマホの人はボタンで操作してね)

 

 

作り方は・・・

 

まずここからCocos Creatorをダウンロードします。

Download Cocos2d-x, Cocos Creator and Cocos | Cocos2d-x

 

そして、

 

このチュートリアルのページを見ながら進めるとゲームが完成します。

_Quick Start - Cocos Documentation

 

私は英語ができないのでGoogle翻訳にコピペしながらやりました。比較的わかりやすく書かれているのでそんな感じでも完成までこぎつけました。

 

ただ、もっと丁寧に日本語で解説してくれるサイトがあるのでこっちをおすすめします。めちゃくちゃわかりやすいです。

マニュアルのチュートリアルをやってみる! その1:Cocos Creator - モーリーのメモ

 

もう少し色々作って練習しようと思います。

 

ボツになった「スライディング女湯」というアプリを晒す

アプリのフォルダ整理してたら色々懐かしいのが出てきて、昔は色々考えてたなぁ〜と思いました。

 

そんな中ひときわ目を引くフォルダがありました。

 

「スライディング女湯」

 

たしかにこんなの作ってた記憶が・・・

 

中を除くと画面とかアイコンとか色々画像が入ってたので載せておきます。

 

まずはアイコン↓

 

f:id:coffeebreakin:20170120135450p:plain

 

おしり出ちゃってるので間違いなくAppleの審査通らないやつですね。ちょっとの露出もAppleでは許されないのです。

 

ダメ!露出絶対ダメ!

 

 

 

スライディングというよりおしりすべりではないのか?という疑問は置いといて次へ。

 

次がタイトル画面↓

 

f:id:coffeebreakin:20170120135714p:plain

 

いきなり手書きテイストに!

 

ああ!なんてチープな画面なのでしょう!

 

しかし、ボタンなどは一応きちんと設計されているみたいですね。

 

ボタンを見てみると・・・

 

「すたーと」←わかる

「せんりひん」←わかる

「そうび」←???

 

女湯をスライディングするのに何を装備する必要があるの?えっカメラとか??それってやばくない!!?

 

 

・・・・・・

 

 

はい次!

 

f:id:coffeebreakin:20170120140455p:plain

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

・・・・・・・・・

 

 

 

またおしり出てるーーー!!!

 

 

 

どうやらこれはプレイ画面のようですね。

 

指でスワイプしてキャラを左右に動かす仕様だったと思われます。

 

画面上部に「秒」って項目があるので、ゴールするまにでかかった秒数がおそらくこのゲームの「スコア」にあたるのでしょう。

 

次は結果画面↓

 

f:id:coffeebreakin:20170120140807p:plain

 

 

うわ!痛ったそー!!!

 

おしり、もとい、ケツが真っ青になってるじゃん!!

 

しかも、きろく325ブルーて!(笑)

 

ブルーて!w

 

スコア「秒」じゃなくて「ブルー」じゃん!ww

 

おしりで硬い床を滑ることにより、どれだけ青タンができるかのゲームだったとは・・・

 

いやはやボツになるのもわかりますね。

 

あとはこんな画像もありました。

f:id:coffeebreakin:20170120141856p:plain

なんか銭湯にあるようなアイテムですね。

 

おそらくこれが戦利品なのでしょう。

 

滑りながらアイテムをスワイプでうまく回収する要素があったみたいですね。

 

集めてどうこうなさそうだけど、一応ゲーム制作のセオリーのひとつ「コレクション要素」を入れたかっただけだと思われます。

 

最後がこの説明画像↓

 

f:id:coffeebreakin:20170120142703p:plain

 

思い出したーーー!!!

 

そうかこれ実話をネタにしたアプリだったんだ!

 

子どもの頃、母親と行った銭湯で走って転んでカーリングのようにおしりで滑ってそのままポリバケツのゴミ箱にストライクしたんだった・・・

 

 

 

しかし、そんな思い出までアプリネタにするなんて・・・

 

作ってた当時の自分・・・

 

 

 

 

必死すぎ!w