京都町アプリ小路上ル

京都在住のカフェ好きゲームクリエイターが書く、アプリ開発、ゲーム作り、あと京都カフェ情報

オンライン対戦が熱い! お手軽格闘ゲームがパワーアップして帰ってきた!

格闘ゲーム「木拳」 〜暇つぶしにオンライン対戦!無料アプリ〜

格闘ゲーム「木拳」iOS
格闘ゲーム「木拳」Android

ザクザク芝刈りの次の世界観

ザクザク芝刈りwの続編をストーリー付きで作りたいと考えています。

 

だれでも隣の芝生は青く見えるものです。

 

そんな中突然生えてくる「赤い草」。

 

この赤い草の正体はなんなのか?

 

その悪い芝を刈ってくれる芝刈りの人とは?

 

芝刈り屋さんの罪と罰・・・

 

そんな世界を描きます。

 

f:id:coffeebreakin:20180420214440p:plain

 

f:id:coffeebreakin:20180420214452p:plain

 

f:id:coffeebreakin:20180420214502p:plain

 

f:id:coffeebreakin:20180420214522p:plain

 

f:id:coffeebreakin:20180420214540p:plain

 

f:id:coffeebreakin:20180420214551p:plain

 

 

タイトルは「ザクザク芝刈りDX」でしょうか。

 

現行作品は下記リンクからどうぞ。

 

iOS版のザクザク芝刈りw

Android版のザクザク芝刈りw

 

Android Studioで自動的に含まれるパーミッション(android.permission.WAKE_LOCK)の削除方法

環境:

Android Studio 3.0

Google Play Services 11.6.0

 

Gradleで

compile 'com.google.android.gms:play-services-analytics:11.6.0'

とかやると自動的に不要なパーミッションが付いてしまいます。

 

android.permission.WAKE_LOCK

 

Google公式のアナリティクス実装ガイドには、オプションだから入れなくてもいいって書いてあるんだけど、Gradleは全部入れてしまう。そう自動的に。

 

なのでこれをAndroid Studioのエディター上で、簡単なマウスクリックだけで削除する方法を見つけました。

 

まず、AndroidManifest.xmlを開きます。

 

f:id:coffeebreakin:20171126033753p:plain

 

次に、「Merged Manifest」をクリックします。

 

f:id:coffeebreakin:20171126033950p:plain

 

すると、最終的にapkに含まれるAndroidManifest.xmlを見ることができます。これは便利ですね!

 

で、よく見ると、Google Analyticsによって自動的にandroid.permission.WAKE_LOCKが追加されていることがわかります。

 

なので、これを右クリックして「Remove」しちゃいましょう。

 

f:id:coffeebreakin:20171126034237p:plain

 

さらに、不要なサービスやレシーバーも合わせて削除しましょう。

com.google.android.gms.analytics.AnalyticsReceiver

com.google.android.gms.analytics.AnalyticsService

 

(たぶんこれ削除しとかないとパーミッションが無いとかでクラッシュするかと思います。ここのサイトにもそのような記述があります。)

 

f:id:coffeebreakin:20171126034803p:plain

 

これで完了です!

 

cocos2dx v3.16のBox2DでEXC_BAD_ACCESS修正方法

開発のおはなしです。

 

cocos2dx v3.16のBox2DでEXC_BAD_ACCESSが発生したのでその修正方法メモ。

 

この関数でクラッシュしたので調べたら、

void b2Island::Solve(b2Profile* profile, const b2TimeStep& step, const b2Vec2& gravity, bool allowSleep)
・・・
for (int32 j = 0; j < m_jointCount; ++j)
{
bool jointOkay = m_joints[i]->SolvePositionConstraints(solverData);
jointsOkay = jointsOkay && jointOkay;
}

このfor文でm_joints[i]をm_joints[j]に修正するといいです。